ひよろぐマップ  カテゴリ別の記事一覧。
*********************
オール仙台ロケ、原作・伊坂幸太郎
映画『ポテチ』
 10/26 DVD & Blu-ray発売!!
*********************
2012年 秋
映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」公開中!


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2009年05月02日

モニターも


アマルフィの見たことない予告、
流れまくってます!
台詞がいっぱい入ってて、
入りすぎてて逆に見たくないよ〜的な感じです(笑)。
  


Posted by ひよ at 20:02織田しゃん♪

2009年05月02日

でかタペストリ


発見、発見!(^O^)/
コロナ泉です!
  


Posted by ひよ at 20:01織田しゃん♪

2009年02月28日

映画とランチとパンフとお酒

本日は織田友さん達と映画を見に行ってきました。
「少年メリケンサック」(^◇^)
…織田友さんとなぜ佐藤浩市さん映画なのかとか
深く気にしないように(笑)


メリケンサックグッズ。パンフ買わなかった(^^;
前は記念に買ってたけど、最近はよっぽどでないと買わないなぁ。
これは巾着350円。なんか使えそうだったので購入。

映画は・・・笑えます。とても笑えます。
作並って名字か!!!(笑)<仙台設定の場面等あります
そしてお下品にも笑えます(爆)
もともとお下品で笑えるのですが、それを佐藤浩市がやっている
ということでさらに笑えます。
んも〜ゲラゲラ笑ってきました。
小学生のお子さんづれで来てた組もいたのですが、、、
これは、、、子供にはちょっと、、、というシーンも台詞もありますので
お気をつけて(^^;;;。ただお子さんは楽しんでたようです。

映画の後は、移動してランチ。焼き肉ランチしてきました♪
さらにファミレスに移動してデザートタイム。

いちごパフェ、なかなか美味でした音符
映画と織田話などでひとしきり盛り上がって、解散。
楽しかったです!ありがとうございましたface02

家に帰ってみると、ポストに宅配便の不在表。
あっ!この間注文したエンケンさん(遠藤憲一)の写真展パンフだ!
いつ届けてもらおうかと考えてると、コートも脱がないうちに
ぴんぽ〜んと玄関チャイム。宅配便の再配達。
わ〜い、なんてグッドタイミングicon06
早速開けて見てみると。
おや???なんかオマケがいっぱい付いてないかい???
ファンクラブ限定でパンフにオマケが付くのは知ってましたけど
ポストカード(サイン入)だけだと思ってたら。

ボールペン2本に、エンケンさんと愛犬が印刷されたミニエコバッグまで!!
えええ〜〜〜〜!!なんてお得でサービスが良いのかしらレター
誰とは言わないけど見習ってくれぇーーーーー!(爆)
ありがとうございます〜face03

で、帰ってきたのは良いけれど。また思い立って出かけて
貰ってきたのはヨコハマタイヤパンフレット。

もうスタッドレスから春タイヤなんですね〜。
去年の12月に新車にしたばかり。普通タイヤは新品だし、
スタッドレスも買っちゃったし、次に買うのはいつになるかなぁ。

そして、夜。旦那さんが冷蔵庫から出してきたビール(ではないけど)
なんと堤さんCMのoffではないですかー。
実は私も買ってたんだけど、旦那さんも自分で買ってきたんでした。
売り上げ貢献!
でも旦那さんのお気に召す味ではなかったようです。残念。
気に入ればいっぱい売り上げ貢献できたのに〜。

…という盛りだくさんな一日でした。
むふ。
  


Posted by ひよ at 22:03織田しゃん♪

2009年02月22日

コピー機


コンビニネタをもうひとつ。

近所のサンクスのコピー機が、新しく、そして立派になってました!
(メーカー見るの忘れた)

コピー機はなにかとお世話になります。

私はセブンイレブンのXEROXびいきなのですが、
(ただしコピー機稼働率が多い店だと画像が荒れることもあるので要注意)
サンクスの新兵器の実力やいかに。

試すのはいつになるかなー。
  


Posted by ひよ at 00:41織田しゃん♪

2008年12月17日

どっかでみたような(笑)


この間100均でこんなん見つけました。
思わず買ってしまいそうになりました。
  


Posted by ひよ at 10:56織田しゃん♪

2008年12月09日

忍法!

分身の術!(笑)。
新車到着。
スタッドレスに履き変えに来ました。
  


Posted by ひよ at 15:46織田しゃん♪

2008年11月27日

ラスト!


早めに仕上げましたよ。
いつもギリギリでてんてこ舞いだから(笑)。

前のプリントの方は、劣化したり、変色したり
ラジバンダリーで、なかなか満身創痍な雰囲気をかもしだしております。

がんばったねー…。
  


Posted by ひよ at 00:39織田しゃん♪

2008年11月22日

ぼちぼち


ツアー最終日の準備を。
東京フォーラム長ぇ!Σ( ̄□ ̄;)

トウキョー
インターナショナル
フォーラム

ってことなんで…。

まーいっか(^^ゞ
  


Posted by ひよ at 20:53織田しゃん♪

2008年11月13日

増殖


金髪織田っちいっぱいいっぱい♪
タイヤ購入の相談にきています。
うきうき。
  


Posted by ひよ at 15:44織田しゃん♪

2008年11月12日

そういえば


今回の完成の全体図をのっけてなかった。

会場まで行って
「ZP-TOKYO」にしなかったことを後悔。

ま、今さら仕方ないやね(笑)。
  


Posted by ひよ at 09:20織田しゃん♪

2008年11月11日

ひよっち引き続きZeppTokyoで愛を叫び中

ひっぱりすぎで申し訳ない。
長く書こうと思って書いてるんじゃないんです。
ただ風の向くまま気の向くまま、ついでに欲望の赴くままに
書いているだけなのです。
…計画性がないともいう…(爆)
さて、ライブ後半編に突入です。
こちらも長編覚悟で(笑)お楽しみください。


注意書きは前編と同様です・・・・・・・・・・・・・

読めないメモと、記憶に頼っております。
正確を期しているとは言えません。ご理解ください。

ひよ的表現が不快、不愉快、不適切、に思われる方も
いらっしゃると思いますが、ひよレポとはそういうものだと
思って読んで下さいませ。
マジメなライブレポを期待なさっている方は、お手数ですが
いますぐUターンを!!!
…あなたの為ですから…(爆)

では覚悟の出来た方のみ、いらっしゃいませ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




11♪Over the trouble終了


12♪Love Somebody

一斉に始まる腕フリ。
 後ろで見ていると沢山の手があがって居るのが見えて楽しいです。
 これは後ろで見るからこそだねー。


3公演目になるとケニーのラップ?で始まるのはもう恒例。
 しかし相変わらず何をしゃべっているのかは分かりません(^^;
 ケニーごめんよ〜。


せめて(@めも)
 って書いてあるんだけどなんだろー???(笑)


ひとつだけぇーーー♪
 の、いつも人差し指をあげるところが、ちょっと違いました。
 いつもの人差し指をあげた手の形のまま、こちらに手の甲を向けて
 腕を高く上げたとこから、ゆっくりと降ろしていきました。
 えー…指と国が違えば大変な事に…(爆)
 いやでもかわいかったす♪


ケニー曲の途中でもおしゃべりソロ。
 なんかどんどん言葉が増えて長くなってないかー?(笑)
 意味不明(ケニーのせいじゃない)なのがつくづく惜しい。


織田っち、ケニーがしゃべってる間、ステージ中央段の上に立ち
大きく手降り。

会場に歌わせて、聞く。
 みんなで合唱するとこ以外に普通の歌詞もやってなかったかな。
 いつも以上に、声聞かせて〜って感じがしました。


一緒に歌う。ノリノリ!
 どっかで「わんもー!」(one more)とか言わなかったっけ?
 メモには無し。

ラスト。
「せんきゅっ!」
 今日は曲の合間もおしゃべり(声でてる)だわね〜。

曲終了と同時に拍手。
 いつも一緒に手を振って、歌って、よっしゃやったでー!感。
 楽しいわ〜。 



13♪Last Christmas

しゃんしゃんしゃんしゃんと鈴の音。
結構長いし、鈴重そうだし大変だよね。
小松さん、がんばれーーーー!(笑)
 あ、そういえば、いつもの鈴の持ち方が違った。
 あれ?仙台でだっけ?(混乱。だからレポは早めに書くべき/爆)
 いつもは右で持つのですが、左持ちしてた時があった。…ハズ。


スクリーンに雪の舞う演出に、会場から声が。
みなさんほれぼれしております。
 …えー!?そんなに!?こんなんベタじゃん…と思ってたのは内緒です。
 イカン。いかんよね。
 いつも新鮮な気持ちで見なけりゃあ………。


広保さん、ソロ。
林部さん、楽しげ。

小松さん、胸開いてるなーーーーー。
 ってメモのしみじみ書いてる感じに自分で爆笑。
 でここで、ワタクシ、やっちゃいました。
 あんまり胸が開いてたもんだから、いっちょ双眼鏡でのぞいて…


あせ
 ↑メモのまま。
 いやーーーーーーーーーぁん。
 小松さんのガバチョ!と開いたシャツの胸(いっそ腹?)が
 汗に濡れて光っているのを見てしまいました。
 見てしまいましたとも。

 そう・がん・きょう・で!!
 ・・・・・・・・・・orz
 ガクゥっ・・・|||

 小松しゃんの汗も悪くないけど、織田しゃんで愛を叫んだ後に…。
 織田しゃん映像を大切にとっておきたかった・・・。
 さすがセニョ〜ル外国人、濃かったよぉ〜。忘れられん…(爆)



曲が終わって
(間)小倉しゃんのシンセが始まる。
 すっかり定番?。今後はこの演出継続?

舞台袖からボンゴ?登場。
 今日は舞台が広いので、運ぶのも大変だ(笑)

織田っち、水飲む。
小倉さんの方へ行って、ちょっと声かけたように見えました。


■MC

織田「今夜はどうもありがとう
   サイコーに楽しい夜でした

音楽に感謝という話が始まる。

織田「やっぱり、、、やっぱり
   音楽に感謝
   音楽と一口にいっても、
   色んな時、色んな場所でお世話になって…云々

   ム〜ディ〜な気分になりたいとき…

 むむム、む〜でぃ〜とおっしゃいましたか、今!?(笑)

織田「失恋しちゃったぁ〜って時、
   落ち込むだけ落ち込んで
   次への力へ
   ちょっとだけ…ほんのちょっとだけ勇気が欲しいぞ
   背中をポンと押してくれるような
   音楽に感謝
   その音楽を通してみなさんに会えたことに感謝
   
   また、また必ず みなさんとこうやって集まって
   楽しい夜を過ごしたいなと思ってます

   ホントに今夜はどうもありがとう」

 今回は「やっぱり、やっぱり」「ちょっと、ほんのちょっと」
 「また、また」とか、一回言って、ためて繰り返す言葉が印象的で、
 気持ちがこもってるなーって気がしました。



…MCが終わった穏やかな雰囲気のまま、この曲へ。

いくつか客席からかけ声がとんでましたが、
うまい具合にスキを見て、すっと入って行きました。ウマイ!



13♪君の瞳に恋してる(Sunset Ver.)

アカペラで始まる。
札幌、仙台で聞いた時は、ゆったりして夕焼けのあったかい
雰囲気だったけど、今日のは切ないバージョンみたい。

ケニーすげーーーー!!
すげ〜しゅてきぃーーーーーーーー♪♪
 札幌だったか仙台だったか。織田友さんがケニーの
 ボンゴ(?)はすごい!叩き方がすばらしい。と絶賛してました。
 今日は見ましたヨ!双眼鏡でしっかり!!
 やさしく、強く…見事にたたき分けるケニー。
 ああ、ボンゴになりたい…と思った私は変態です。
 ええ変態ですとも(開き直り)。


曲のラスト。
ためてためて…あれ、今日は無し?と思ったくらいで


 らびゅー・・・・・


かすれ声で、余韻をひきずりながら…♪

きゃ〜〜〜〜〜〜。しゅてきぃーーーーー!!


会場のみんなやられまくり〜!で(^-^;
織田っちがひっこんでいった後の拍手がうつろ(笑)
あ…アンコールまで行かないで終わっちゃうぞなもし〜(^^;

あちこちで頑張る手拍子が少しずつまとまって来て、なんとか
アンコール待ちらしい雰囲気に。

でもなぜか、東京だから大丈夫だべさ。と思っていた
ODA-YUJIコールがなかなか出ない。
出て来ても、前方の1〜2カ所だけで、なんだか広がらない。

みんな、がんばってねー、人数多いんだから〜。と
他人行儀…違うか(笑)…他力本願でしばらく大コールになるのを
待っていたけど。なんとももどかしく、しかたないので大声出して
遠くから聞こえるコールに乗っかりながら、ODA叫び。
(前の方の声だったから後ろに聞こえなかっただけかな〜)

しかたなくですよ、しかたなくぅ〜(-3-)
大声だけは自信あるんで。

何度かは1人で浮いてましたけど(爆)、間もなく周囲や
あちこちから、ついて来てくれる声が出て来て、
ODA-YUJIコールのいっちょあがり。

デカイ声のやつがいたら、それは私かもしれません。

 今回、私は後ろの方で1人だったわけですが、周囲は大人しい
 人達が多くて、特に積極的に手拍子したり、声を出したりって
 雰囲気ではなかったんです。・・・が!!!
 私は叫びたいときに叫び、手拍子したい時にする!
 と我が道を行ってたら、つられて声を出しや、手拍子をする方が
 結構、多かったです。
 (それでも前方の時よりはずっとずっと控え目だったんですにゃ〜
  ちゃんとまったりしてたんですにゃぁ〜。叫び時以外)

 そうです、そうですよ、声を出して、手拍子しましょうよ!(^▽^)/
 せっかくですから、楽しみましょうよ!
 ということで、自分の周りが大人しいなと思った時は、自分が
 盛り上げ隊長になっても面白いと思います。

 …ただし周囲から迷惑がられても当方は責任を負いません(爆)。

 なんかねー、ただ見てるのもアリかと思うんですが。
 それでも、少しでも声がでてたり手が挙がってたりする方が
 ステージ上の織田っち達も盛り上がるんじゃないかと思って。
 シーンとした会場って…たとえ集中してみてたとしても寂しいんじゃ
 ないかな〜と勝手に思ってがんばる私。

 …え?ええ、ええ、好きでやってるんですけども(笑)

 一応は、うるさいかな…?と心の片隅で気に留めてることを
 ここに記しておきます。ホントです。ホントですったらー。



さて。話がそれましたが。


ODA-YUJIコールの中、メンバー登場。
(スクリーンのODAは今回も表示無し。織田目。
 ODAは札幌オンリーか)

今回はオール白Tだぁーーーーー!!!
販売促進作戦に出たぁーーーーー!!!(笑)

 
 小倉しゃんとお揃いだぁ〜〜〜〜〜♪♪♪
 ケニーの白Tサイズ作ってたのねぇ〜〜〜!(笑)
 2回とも黒Tだったので、なんだか皆がまぶしいわっ!
 黒Tは黒Tで格好良いけど、白もあざやかで良いよね♪


レオたはなし(@メモ)
 ↑と書いてある様にみえるけど、違うだろなー。
 …って、そりゃそーだ(笑)


織田っちももち白Tだぁーーーーーー!!
織田裕二とおそろい作戦だぁーー!!


 それはいつもか(笑)。
 意外と会場で白T着てる人って少ないですよね。
 みんな買ってると思うけど、どうしてんだろ。
 アレをライブ時に着ないでいつ着るというのだろう(爆)
 私はライブの為だけに買っています。うふ。
 でも楽屋招待のイベントがなければ買ってなかったな。てへ。
 いやいや、楽屋には呼ばれてませんよ!
 楽屋に呼ばれたら、コレに地名をプリントして織田っちに
 プレゼントするつもりだったんで、自分で着るハズでは
 ありませんでした(笑)。


で、またまたみんな登場してきた織田っちに見とれて
拍手が終わりそう。。。
シーンとなりそうな勢いで拍手が終息していくぅ〜!!!(^△^;;;

まだ織田っち準備終わってないのにーーー!!

あわてて、拍手の続きでリズムを取って手拍子を続ける。
ちょろっとついて来てくれる人達がいる。


がんばって手拍子していると、
メンバーの準備が整って、曲が始まったーーー!!


14♪Boom Boom Boom

イエーーーーッッッ・・・って

なんか…?

アレェーーーーーー!?

なんかヘン?


曲が始まったので、あらためて曲のリズムをとって
手拍子しようとしたら・・・
え?あれ?
リズムとりなおさなくていい?

ってゆーか…手拍子と同じリズムで
曲がはじまったのかぁーっっっ!!(*□*;;;)

ノっかった!
手拍子にノっかったよ、ケニー!!!


ケニィー!スゲェーーー!!!


ん?

ちょっと待って?

もしかしてスゴいのはBoomBoomBoomと同じリズムで
手拍子してた私の方?(爆)←たまたま
ケニーと以心伝心?ケニーと赤い糸?
ケニーと私の愛の結晶、コラボレーション?きゃっ♪


てかいやしかし、それにしたって
ケニーーースゲーーーーーー!!!



えー。ではそろそろ織田しゃんへ戻らねば(爆)


小松さん、林部さん、ケニー、三人でリズム会わせて止まる。
楽しそ〜〜〜〜〜ン♪
 あっ。織田しゃんじゃなかった(爆)
 次こそは織田しゃんで…!





ん?


・・・・・・口パク?


・・・・・・おちゃめな演出?


いや違う!!
織田っちも気づいた!!
戸惑ってる!!

マイク入ってない!
声聞こえなーーーーーい!! (;*Д*)//


なんと!なんと!
今まで歌ってたマイクの音声が入ってきません!


織田っち、ん?あれ?なんかヘン?
って気がついて
歌いながら、両手でマイクをポンポンっと
たたいてみたりいじってみるけど反応なし…。

マイク入ってないぞコリャ!とハッキリ気がついた。

トラブル発生!!

mayday mayday、緊急事態。
織田裕二のマイクが入らなくなった!
至急、なんとかせよ!!

 …なんとかて(笑)


どーするの?どーなるの、織田っち!?


 このトラブル発生の緊急事態にも織田っちめげず。
 最初、あれ?って顔をしましたが、冷静に対処。
 歌う事をやめず、流れを中断させません。
 その間、終始笑顔。



すると、マイクをスタンドからハズして持って行き
左の舞台袖へ向かう。

あ、マイク取り替えてもらうのね。
スタッフゥーーーーーーーーーーー!

…って、ええーーー!?

ヒロヤスしゃんの所に歩み寄り、
ヒロヤスマイクをスタンドからハズして奪取!!!

織田しゃあーーーーーん!
ナイス反射神経@torulbe (^o^)b 

だけど


それ、コーラス用ですからぁーーー!!!

 音声スタッフさん達がどんだけ
 「ソレ使うの待ってぇーーーーー( ;><)ノノ」
 と裏で焦った事だろう(笑)



そしてあの広保しゃんのビツクリした様子(爆)

えっ!?コレ!?オレの!?
でも…でも織田兄さん、そっソレはーーーー!!(汗)

織田っち元気よく歌を続ける・・・

ほらぁ・・・
ほとんど声入らないじゃんかーーー(^▲^;


でも、後から考えたら、そんなこたぁ〜織田っち自身
よく分かってただろうね。
音声さんが調整してくれるのに賭けたんだね。…たぶん。

ヒロヤスマイクをぶん穫り、歌いながらステージ中央へと戻る
その途中で、倒してあった(?ように見えたけども人垣で不明)
自分のマイクスタンドを、足でぐいっとふんで起こして
勢い良く起きて来た所をキャッチ!!
カッコイーーーーー!!

客席に向かって笑顔♪

おおお〜〜〜!!
織田っち、緊急事態発生をものともしないね!
かえってトラブル発生で見せ場ができちゃった感じ。
こんなん見られてラッキーかもーーー(^▽^)

すごいよ、織田っちっ⎝(^▽^)⎠
その対処にホレなおしたよぉ〜〜〜!!


と素直にホレなおしている間にも、ライブは進みます。

コーラス用のヒロヤスマイクをとっかえしたは良いけれど
やっぱり上手く音声が入らない。
1〜2度音が出たかと思うと、やっぱりダメで。
織田っち、再び耳かっぽじりました。
 ん?あれ?メモの文章の位置が前後してるかな/
 耳をかっぽじった(再)のは、最初にマイクがおかしくなった
 時かも。

でも笑っております。余裕な感じです。
腰も振っちゃいます。

 ・・・で、結局音声がちゃんと入るようになったのは
 ヒロヤスマイクを調整してくれたからだったか、スタッフが
 あわてて持ってきたマイクにとりかえてからだったか。
 マイク取り替えたのは、次の曲に入る時かも?
 ああーーー、ライブ直後なら覚えてたのになぁ。
 数日でこんなに忘れて行くとわ…。


ハプンニング発生したけど♪BoomBoomBoomなんとか終了。

織田っち、マイクをココココっと指で叩く。
  次の曲の前だったか、↑の最中だったか。


15♪週末だけは少年

静かな曲なので、大人しく聞いております。
ヒマ(爆)なので、双眼鏡をのぞいてみます。


おや?

なにか織田っちの首周り〜胸(Tシャツの目)のあたりまで
黒っぽい線がみえる?

はずしたイヤホンのコード・・・とは違うみたいだなぁ。

む?

むむむ?

もしやあれは・・・


ネックレスでわ!?

ぶっちぎれがネックレスが
織田っちの胸にぶら下がっているのでは?


ここで、臨場感を出す為に、メモ書きのまま表記してみます。


くさりきれてる?

くさりくさりいろっぺーーーーーーーー!!

ぎゃーーーーーーー→横棒ノートの端まで続く

 イヤホンはずしに続き、大興奮です。
 ちなみに今回は織田っちが何かしたわけではありません。
 ちゃんと歌っていました。
 歌っている織田っちに鎖(ネックレス)がぶら下がっていた
 ただそれだけで、ぶっこわれております(爆)
 変です。
 確かに変です。
 自分で考えても変です。
 でも色っぺかったんだものぉ〜〜〜♪


切れた鎖がちょうどTシャツのピンクの目の下くらいで
キラキラと光って、涙みたいでキレイです。

 織田っちが動くとくさりがゆれて、これまたしゅてきです。
 この涙みたいに見えた端っこが、ちょうどつなぎ目の金具の穴が
 開いてる方に見えたので、ぶっちぎれたのではなくて、ちゃんと
 はまってなくてなんかの拍子ではずれちゃったのかなー。
 着替えの時にいそいでてうまくはまらなかったとか?


曲の終わり頃かな。
織田っちが後ろを向いたときに、マイクかイヤホンの送受信機?
(黒い四角いの)が腰の後ろのベルト位置に着けてあり、
そこだけTシャツがひっかかって、ぐいっとあがっていました。

なんかかわい〜〜〜〜〜〜〜〜〜


小倉さん、ソロ。

かわいーーーーーーーーーーーー
 おや、小倉さんには珍しい形容詞だわ〜。

曲終わりで、カンチの写真(会場拍手)


ギターをかける織田っち。


16♪歌えなかったラブソング

広保しゃん、ノリノリ。
肩と頭をふりふりしてのっています。
 あ、これだ、難しい動き!(笑)

織田っちギターアコギ、白木の。
 前に持ったギターはエレキでしたねー。
 3回目にして、やっとちゃんと見たぞ(笑)


小倉しゃん、立ってソロ。
よく見えるよう〜〜〜〜♪

広保しゃん、コーラスが終わると、マイクから下がる。
…………下がり過ぎやろーーーーーー(^o^;
というくらい下がっている。
やっぱシャイなギタリストや〜(笑)

届くまで〜♪ で指
 ゆびをどうしたのか表記無し(^^;
 ホントみごとに忘れてるわ。てか覚えてないのか…。


曲の最後…
どうもビミョーにキマってなかった気が…。

織田っちと小松さん、指差して笑ってました。

あ、そうそう、鎖!と思い出して見てみると
ギリギリギターにひっかかって織田っちの左足のあたりに
ぶら下がってました。

ああーーー!落ちるーーー!落ちるーーー!!

かあさん、あのネックレスどうしたでせうね。

それが、見てないんです!!(>_<)

残念ながらその後はうっかりチェックを忘れてしまいました。
ギター降ろす所とか、ちゃんと見ていれば良かったなぁ〜〜〜。
残念でなりません。
もしかしたら、ステージ上に落っこってたかもねぇ。


(間)タオルで汗をふく


■MC
いきなり

「・・・・・じゃん(^_^)/」

と、白い紙切れを取り出す織田っち。

かーーわーーいーーいーーーー♪

Deps(公式ファンクラブ)のアンケート結果と話すが…
お客の反応薄(笑)

織田「・・・あんまり関係ない?」(会場笑)

織田「歌って欲しい歌は…」

会場「あぁ〜〜〜〜〜ぁ〜〜・・・」

織田「ああぁ〜〜〜〜〜・・・・って・・・」

反応の薄さに落ち込んで、左へ歩いて行き、ガックリorz

立ち直って

「泣いちゃうからねっ」(会場爆)

かーーわーーいーーーいーーーー!
芸達者だな〜(笑)

気を取り直して、アンケート結果。

(3)フォーク

会場「へぇ〜〜〜〜っっ」

織田「(無言でギターをかきならすマネで会場にアピール)」
(フォークって?こういう?ギターひいて?って感じでしょ?)

会場反応薄。

織田「(エアギター続け)You see?」

会場反応薄いので、まだエアギター続け

織田「You see?(再)」

あっ、こりゃなんか反応してあげないとイカンのだなと気づいた会場から
やっと少し声が上がる。

私「I seeーーーーーー!!!」

 ってデッカイ声で答えたんだけど・・・
 そもそもYou see?って問いかけに、なんて答えたらいいのか
 ビミョーっす〜(^^;
 You see?って「わかる?」って意味?だよね?
 I see,I seeで「わかるわかる」って外国ドラマの台詞とか…ないっけ。
 言った後で「あれ? "I see !"でよかったのか?」と不安になったよ。
 まぁいいさ(爆)。


織田「(会場の薄い反応拾いきれず/笑)
   ちっちゃい声でYesっていうのがカワイイね(笑)」(会場笑)

(2)日本語(会場拍手)

織田っち再びうちのめされる。
織田「・・・・・orz
  まぁ確かに最近発売した4分の3は英語でございまして…
  ついでに言えば、オリジナルってことですね?」(会場拍手)

織田ち、会場の反応を聞いてウンウンと大げさにうなずき
親指で胸をとんとんと叩く。
わかったよ、心に刻んどくよ。的な動作。

(1)バラード
会場反応大。
織田「一番反応がありますね」

以上。。。
 あれ、バラード一位なのに、メモ少ないなぁ(^^;
 ただこの日は、前2会場よりもアンケートのコーナーが
 さらっとだったと思います。時間の関係かな


次。演じて欲しいものアンケート。

(3)ラブストーリー
会場から拍手・・・が収まったと思ったら今度は
「やだーーー」「いやだーーーーー」等の声が。

織田っちとまどって。
織田「…どう受け止めろと…?(^△^;;;」(会場笑)

織田「・・・どうでもいいと?(会場笑)
   今日も男の人の顔がよく見えますが…
   男の人、ラブストーリー、どうですか?」

男性声「サイコーーーー!!!」

織田っちうやうやしく「ありがとうございます!」

織田「女性はどう…?」

女性声「いやーーーーーー!!!」

織田「・・・二度とやりません!」(会場爆)

(2)アクション
展開が分かっていたので、ここですかさず
ひよ「がんばれーーーーー!」と声をかけてみた。
同じような反応があちこちから。

織田「〜〜〜〜〜(聞き取れず)って言うけどね…
   結構(体に)ボルトとかあちこち入ってんのよ。
   飛行機乗るとこでピーピー言っちゃうからね。
    (会場笑)

織田「・・・・・嘘をついておりました!
    (会場爆)

(1)サスペンス

織田「…意外だったんですが。 (会場拍手)
   なるほどなーーーー。 (フムフムと何か1人で納得したげ)
   そんなに待っててくれた? (会場拍手)」

織田「歌と、演じたいものと、僕と同じ
   以心伝心?(会場沸く)
   なんの迷いもなくつき進めと?(会場拍手)

織田っち拍手を聞いて満足げに。

織田「近いうちに具現化できるように」
 おおっとぉ!?「具現化」ですって?
 「具現化」なんて難しい言葉を使ったぞーーー。
 印象的だぞーーーー。
 また次の役の影響かぁ〜?(笑)
 05U-kaiの時のMCに今まで使わなかった難しい単語を何度か
 使うなと思っていたら、直後に県庁さんの発表。
 コレれの影響かーーーと納得したもんですよ(笑)


MC最後の曲へ向かって。

織田「また一緒に燃え上がりたい」
 なんかこれまた「燃え上がりたい」ってあまり使わないよな
 言葉だなぁ〜。


織田
「ホントに今日はどうもありがとぅーーーーー!!」
  (会場湧く)


17♪I'll be back to you

えーーーーー・・・、この一曲のあいだ、

まるっとスッキリ

メモ真っ白です!(爆)

最後なので、メモそっちのけでノリノリしてました。

えーと、曲の途中で
2階!とか後ろの方!とかいじってくれたのは、この曲だったかな。


織田「また…すぐ。すぐに会いたいです!」

 すぐ、すぐを感情をためる感じで。
 これまた意味深発言だわ〜っ。


曲、ラスト。

しゃがんでぇえ〜〜〜〜、びょん!!!

で締め。



ああ〜〜〜〜、とうとう最後の曲が終わってしまったなぁ〜。


疲れと、寂しさのため息。。。


織田っち、終わって一番に小倉さんとグー(だったかな)を合わせる。
他のメンバーともいつもの様に手を握りあったり、熱い挨拶を。。。

皆で手をつないで、会場にご挨拶。
みんなにこやかです。

メンバーが一足先に退場。大きな拍手。
最後の最後のそでに入って行くまで会場に向かって
っちゅーか、ステージ下の人達に向かって、手を振る林部さん(笑)
自分の位置から動くときも、近くの人たちにあれはもー
コミニュケーションとれてたと言って良い程しっかり手を振って。
 ええなー、ええなー、林部さんまわり、ええなーーー。
 もうそんな機会はないんだなー。残念(T_T)


織田しゃん、メンバーの後をついていこうとするも、
会場の声で戻ってくる。
 これももうお決まりの定番ですね(笑)。

織田っち、ステージ上を右へ、左へ、感謝しまくりで。

ステージ中央に立ち、口に両手を当てて叫ぶ(マイク無)

「ホントにありがとー!!」(肉声)

湧き上がる会場。

その観客をなだめる様に、右手を上げて人差し指を振る。

織田(もういっこ、もういっこ!)とでも言うみたいに。

会場が気づいて静かになると。。。

織田「また会おうぜぃっ!!!」(肉声)

会場、最後に湧く。


ステージ左へはけていく織田っちを見送るたくさんの目と声と拍手。

すると織田っち、そでに入る前にスピードを落とし・・・

えっ!?

タオルを手に取り・・・・

ええっ?

ま・さ・か!

のタオル投げキターーーーーーー!!


そでに入る前に、ヒラリと投げ込みましたよぉーーー!!!
それが左前の方だったので、男の子の声がきこえた辺だったかな〜と。

いや〜〜〜、最後にもうひと盛り上がり。
来るとは思わなかったので、ビツクリしましたぁ〜〜〜(^^;

演出?それとも思いつき?(笑)

今日は本当に最後の最後まで、楽しませていただきました♪




えーっと、織田っちの表記が極端に少ないんですけども。
後方で見えづらかったこともありますし
他のメンバーも色々みていたかったというのもありますし、
一番は、織田っちってば…

あったりめー(当たり前)にカッチョイー!

んだもん〜〜〜〜〜!!!(笑)

だからメモしようと思っても、フツーにかっちょいーとか、
そういう風になっちゃうんだもん。
だから織田っちについてあえて表記してないことが多いんです。

しかし!!!

しかしですよ!!!


今日の織田っちライブはものすごく堪能してきた!!!
つもりです!!(笑)

よかったもん〜〜〜、すごくよかったもん〜〜〜
今日のライブーーーー!(>_<)


すごく楽しみながら、ここにいない織田友さんたちに本当に本当に
見てほしかったと思って見てました。
いやもう、織田友さんじゃなくて、織田ファンだったらみんなに
見て欲しかったなぁー(>_<)。
ライブはナマモノといつ、どこで見ても思うけど、今日程みんなに
見て欲しいと思った事はなかったよ。

みんな!!!
織田しゃん、かっこいいよ!絶好調よ!!

(私がみた今までで一番絶好調では!?と思う位)
広保しゃん、色っぺーよ!
ケニーも林部さんもオモロいよ!!!

 (・・・電波送信中・・・/笑)

…小倉しゃんはあまり身近にファンがいないので…
自分で堪能しました(笑)

3000円でネタになる・・・とヨコシマな発端でしたけど(爆)
人生の巡り会わせに感謝です!!!

チョーーーーラッキ−ーーーーでした!!!

色んな事に、ありがとうーーーーっっっ!!!

すんごい、すんごい、楽しかったです!



次は、U-kai3ツアー最後の東京フォーラムです。
遠すぎないけど、近くは無い。って席です。
そんな席でも油断は禁物。。。?(笑)

はてさて、なにが待ち受けているのやら。

もうしばらくは、札幌と仙台とZP東京を栄養に、
力を蓄えて待ってます。


またね、織田っち。

東京フォーラムで!!⎝(^▽^)⎠



see you soon!!!

  


Posted by ひよ at 23:55織田しゃん♪

2008年11月11日

ひよっち今度こそZepp Tokyoで愛を叫んでます!

みなさん、お待たせ致しました!
前回のレポで

「愛を叫んでねーじゃねぇか!」

と心の中でツッコんだ皆様。
今度こそ、今度こそ、愛を叫んでますんで!!

ライブ本編のレポ開始です!!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

注)以下、レポ中の
「(舞台・ステージ)左」「(舞台・ステージ)右」
という表現は、舞台に向かって左か右かということですので、
混乱なきように。

それから、レポ読んでる方でそんな人はまずいないと思うんですが(^^;
ライブのざっとした流れは知りたいけど、できるだけ新鮮な気持ちで
ライブに行きたい!という方の為に曲名隠してみます。♪の後に
あぶりだしで曲数と曲名いれてありますんで。
ただし感想などで曲名がわかっちゃう危険もあるのでご注意を!
(そこまでは気が回らんです〜)




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



Zepp Tokyoの会場に流される洋楽のBGMが、
何度も何度も変わってゆく。

曲が終わってふつりと間が空く度に、
会場の空気が少し落ち着きをなくす。

繰り返される期待と空振りに、少し油断が出始めたころ。


間もなく開始のアナウンスが。


沸き立つ観客。


また少し洋楽が流れ、


三回目にして耳慣れたあの音が………



みょいぃいいいーーーーーーーーーん♪



後に続くリズムを追って観客の手拍子も始まる。

期待がどんどん高まる中、サポートメンバー登場。


各々のポジションに着くと始まったのは…


1♪君の瞳に恋してる

メンバーのみの状態で前奏開始。
小倉さん、小松さん、頭上で大きく手拍子を始める。

 ノリノリになる観客!!!まだかまだかと期待は最高潮の中

前奏をかなーりひっぱった所で、舞台左から

織田っち登場!!!

大歓声!!!

 やはり収容人数が多いだけあって、迫力の大歓声である。


以下、メモと記憶をたよりにお送りいたします。・・・・・・・・・・


順番、おしゃべりの内容、出来事など、記憶違いや、
メモ書き違いに読み違い…。
レポ内容は正確とは言い兼ねますので、
「確かこんなんだったよ」ってことで、ご了承ください。

さらに。
一部の方にはひよ的表現が不適切だったり、不快だったり、
ラジバンダリーに思われることがあるかもしれません。
…たぶん、ある…(逃)
しかしそこはそれ、私の感じたままに書く為のレポでありますので
マジメなレポを期待なさっている方は、どうかここで
Uターンを・・・。

以後の責任は持てません。


では。我こそは!と思われる方のみ、続きをどうぞ・・・・・・・・



1♪君の瞳に恋してる続き

織田っち登場!!!(衣装は前2公演と同)

女の子、ぎゃーーーーーーーーーーー!!

 すごい反応である。思い返しても、私が一番最初に
 生織田を見た時ですら、こんな反応はしてなかったと思うわ(^^;

 黄色い歓声が飛びまくる会場!
 えええーーーーーーーーーーーーーーー!?!?!?!
 なんだこの黄色い歓声は!?
 今までとは違うぞーーーーーーーーーー!?!?!?!
 私の前にいる女の子たち(若い。かなり若い。)はというと、
 二人で手を取り合って見つめ合って、しゃがみこんで、
 うっとり感激中!

 すごい新鮮だぁ〜〜〜〜〜〜〜〜。
 会場の反応もすごく良くて、大多数が何回目かの人じゃないかと
 思ってたけど、東京が初回の人もたくさんいたんだ!?
 そして東京初回=遠征できない若い子たちも多いってことなのか?
 いや確かに黄色い歓声は多かった。単に収容人数が多いから統計上
 若い子も多いなんていう感じじゃなかった。
 そしてそれはなんだか「今年のツアー初回〜〜〜♪♪♪」ってより
 「初めて織田裕二を生で見たぁーーー!!!」という感激だった
 ような気がする。
 織田っち実は「海教」で若いファンゲットしてたのかなぁ?
 ↑ビミョーに失礼?(^^;
 新鮮な驚きでした。


 
織田っち第一声「ようこそ!!」
いつもの様に元気よく(^▽^)

 …で既にメモここ↑(ようこそ)で2行だぶってしょっぱなから
 解読困難(爆)。おそらくもう一行は


オグ、のってるじょーーーーーーーーーーー!?

 たぶん、最初っから小倉さんノリノリで演奏してたんだろう。
 今回のプログラムでは小倉さんのソロはあるものの、
 なかなかひよ的な見所が少なくて寂しいから、反応したもよう。
 てゆーか、考えてみると、去年のステージと違ってZeppのは
 ステージ位置が高いから、小倉さんがよく見えないんだすな。
 ステージを見下ろす事が出来ないから、演奏してる小倉さんが
 見えなくてツボどころが探しにくいんですよう〜(T_T)
 ファイナルの東京フォーラムに賭けますわ、ワタクシ!!!


小松、のりのりだー!

 …↑と、書いてあると思われるメモ一行(笑)
 
照明がキレイ☆☆☆

 札幌、仙台よりも設備がいいのか…良いんだろうな…
 照明が前2会場よりも凝ってる気がしました。
 なんかすごくキレイに見えましたよ。
 後ろだったから全体的に光が見えたからかしらん。


■MC

織田「こんばんは
   U-kai3 へようこそ。
   あっと言う間の早い一年
   今日また会えて嬉しいです
   今夜はゆっくり、たっぷり楽しんで帰って下さい」


2♪Wake Me Up GO! GO!

 ダーッダン♪とピアノ(?)で始まるのがワクワクするよねぃ♪

小松さんと林部さんが一緒にノってて、オモロー!
 
 いやほんと、あそこのコンビってばオモロー!ですわ(笑)

広保しゃん、肩を前後に揺らしてノってます。

ん?wake me up 〜のコーラスがいつもより大きい?

 と思ったら、前方の織田友さんに聞いたら織田しゃんはここは歌わず
 観客が歌うのを聞いてたらしいです。
 
 ・・・見えやしない、見えやしないよ。くっくっく(野口さん風)

 実際は単に私が他のメンバーを見ていて織田しゃんを
 見てなかった可能性の方が大(爆)。


小倉しゃんもコーラスしてる〜。いままで気づかなかったわ〜(^_^ゞ


ぎゃーーーーーーーーーー
オグーーーーーーーーーー!!!

(↑臨場感を与えるためにメモのまま)

小倉しゃん&広保しゃん!!
ラストは広保しゃんと小倉しゃんのアドリブ?

 あっしまった。
 織田しゃんより先に小倉しゃんへ愛を叫んでしまった(爆)
 曲の終わりの方、アドリブじゃないかもしれないけど、小倉しゃんと
 広保しゃんがシュテキ♪だった。みたいですね(笑)
 前にも書いた通り、小倉しゃんのツボどころが少なかったので
 激しく反応してしまいました(^_^ゞ



3♪蜃気楼

ケニーのドラム、響く!

スピーカーなのか?札幌や仙台より音が良い気が。
広いから?

 会場が広いし、場所が後ろだったせいかも。
 あ、そうそう。前編で書くのを忘れていました。
 Zepp Tokyoってこ〜〜〜〜〜〜んなに広かったっけ!?!?!?
 仙台の時に、Tokyoは倍くらいじゃない?って織田友さんの話に、
 そこまで広く無かった気が〜。と話したんですけど…
 いやいやいやいや。
 マジで倍くらい大きかったですわーーーーーーーー (*◊*)
 横幅はすごく広かった記憶があったんだけど、奥行きも
 かなりあったんですね!ビツクリしました。
 パニック要因にそれも一つ加えておいて下さいまし。
 

ありっっっっっっ!?


小倉しゃん帽子かぶってる!!(*O*;;;)



 す…すいません、すいません。小倉しゃんばっかりですいませんー。
 だってだって、小倉さん、帽子かぶってたんですよ!!
 今年は帽子かぶらないんだぁ〜って札幌で残念に思ってた
 記憶があるので(注*札幌レポより先に書いております)
 ふと気づいて嬉しいビツクリですよぉ!
 あれえーーー!?仙台も帽子かぶってたっけ?どうなんだろ。
 帽子かぶらないんだわ〜(寂)という私の念が届いたのかしら。
 うふ。以心伝心♪


織田にかふる小倉(@メモ)

 …なんのことでしょうか(爆)

小倉さん、ソロ、気持ちよさげぇ〜〜〜〜。

 …す、すいませんすいません。小倉しゃんばっかりで
 すいませんー(再)。
 てゆーか、織田しゃん出てこなさすぎでわ!?
 自分でもビツクリだわ(*□*;;;)


広保しゃん、ソロ。大人しめに。
頭、後ろへ降る。

 広保しゃん、髪が長い上に下を向いて弾くので髪が落ちて来て
 時々、邪魔になるんでしょうね。
 思いっきし前から後ろへ、ぶぅわさーーーーーーーーーっ!!して
 のけぞる時がありますね。
 あれをパフォーマンスとか、ノリノリで勢いでとかいうんじゃなくて
 邪魔なんだろうな。と思ってしまうのが広保しゃんキャラ(笑)


ワオワワ〜
ワオワワ〜、広?

 もう一体全体、なにが起きたんだかサッパリですわ(爆)
 「広」てのは、もちろん広保しゃんのことなんですが。
 ワオワワーはギターの音のことですかねぇ?


広保さん、ギター早替え。

 ここでしたっけかね?
 曲の後奏が終わらないうちにギター変えちゃうの。



4♪Hug,Hug

前奏 Oh〜 Uh〜♪とか、織田しゃんのうなり声…いやえーと
かけ声…?いやえーとなんて言うの〜?(^^;

 優しい声で、調子よさげに始まりました。

  が!!!


歌詞:たいように〜♪ ムニャムニャ〜 いっとしぃ〜あのひと〜を…♪

 
 ああ〜ねぇ、HugHug難しいよねぇー(^^;
 聞いてるこっちも焦った〜。立ち直ってくれて良かったです。
 ハラハラ。


そ〜ば〜に、い〜れた〜、ら〜い〜「な」(@メモ)

  最後の「な」が気に入ったようです。

 ところで


今日の織田しゃん、ここまで絶好調ーーーー!!

 歌詞の危うさはともかく(笑)
 Hug,Hugをここまでキレイに歌うとは!
 すごく歌いやすそうなのは、ZeppTokyoの大きさが声を出すのに
 ちょうど良いのでしょうか。

 ビツクリするくらい、声の伸びもいいし、リラックス具合も
 ちょうど良く。なんというか、札幌や仙台とは違ったのびやかさ?。
 リラックスしてるんだけど、ライブとしてきっちりパフォーマンス、
 エンターテイメント見せまっせ!キメまっせ!
 という気持ちもしっかり感じられます。


ショーとしてがっちりキメてきた感じです。

いや〜これはシュゴイ!(*>▽<*)

なんだか、今日はイイもん見せてもらえるんだな!って、ワクワクする!
忘れかけていた(<オイ)トキメキが、胸のそこから
ドキドキ…ドキドキ…と蘇ってくるのですぅ〜〜〜〜〜♪

これは…これは…

今日のライブは期待大ーーーーーー!!(≥▽≤)

 ・・・あのぉ〜。
 他のライブが期待薄だったわけではないのは、分かっていただけると…(^△^;

 さあ、続きを。。。まだ「(曲名)Hug,Hug」ですよぉ〜(笑)


林部さん、ソロ。アコギ。

織田しゃんがソロっぽくなるサビ
「だき〜しめ〜よう〜」で小松さん手振り

ヨヨヨ 林部、あ●●エレキのり

 …って「Yo Yo Yo〜♪」のことか?
 なんだヨヨヨで林部さんがエレキがどうしたんだ〜?


広保さん、ギター替え。


(間)オダっち〜〜〜〜!(男の子の声でかけ声が)

 今日は、男の子の声が何度もかかってて可愛かったです。
 お母さんに言わされてんのかなー(笑)
 結構ステージ近い所から聞こえてたような。
 ステージの左斜め前ぐらいかな。
 あー!もしかして最後のタオル投げは男の子を目指したのかしら?
  (今後のネタバレなのであぶり出し↑)
 少年、オダっちよく見えただろうか。楽しんでくれたらいいなぁ。




■MC
水のみ休憩が終わって、
織田っちペコリ。(会場拍手)

織田「あっと言う間に寒くなって
   年末も近くなりました
   去年のツアーからホントに忙しい
   たぶん去年のツアーにいらしてた方いるんじゃないでしょうか
   あっというまの一年
   すごく嬉しい事が今年ありまして
   ライブDVDとBestアルバムが同時に発売
   どちらも20年記念
   一枚のBEST版 レコード会社の枠を越えて一枚に
   何が嬉しいって、この形でみなさんに届けられるっていうのが
   嬉しいです(会場拍手)
   20年前のまま 真空パックして
   何も変えたり、付け加えたりしていません
   その辺をご了承のもと・・・(^_^; (会場笑)
   そのアルバムから今日はたくさんやりたいと思います
   そのままじゃなくて、いまの織田流のアレンジを
   みなさんと楽しんでいきたい
   
   じゃあ、次々とでてきますが
   どうぞ最後までゆっくり聞いてってください」(会場拍手)

5♪SECRET RENDEZ-VOUS
 なごやかな会場が急にシーンと。

小倉しゃんの音、大きいな〜♪

 ピアノの活躍する曲ですからねぇ♪

織田っちの声、いい具合に出てるなぁ〜〜〜〜。
仙台よりこなれてるけど、ショーとしてちゃんとしてるなー(感心)
林部さんソロ。切ない…。
広保さん、林部さんで、コーラス?「over the 〜」部

6♪それでも僕らは此処にいる

 ・・・うわっ。やべっ!メモの曲名が「♪」だけで抜けてたよー(^^;
 ちょっと前後がわからなくなりました。あぶないあぶない。

 
林部さん、ソロ、かっちょえぇええぇーーーーー♪♪♪
小倉しゃん、シンセ止め、もしゅてき!

 この曲、音をビシッっと止めて、また弾き始めるっていうのが
 かっちょいーんですよねぇーーーー。
 林部さんのきしむようなギターの音がまた良くってぇ♪好きだ!

織田っち、座る。
なんかのびのび歌ってるなぁ〜〜〜〜〜〜。
林部さんのソロをトリップしてるみたいに、聞き入ってる。
織田っち、入り込んでます。

ケニードラムーーーー!!

 ゆっくりした曲調で動きが少ないので、双眼鏡をのぞいてみる。




織田っち、鎖骨の汗ぇええぇーーーーーー!!!!

きゃあああぁーーーーーーーーーー(>▽<)

鎖骨まわりににじむ汗があぁぁぁああ〜〜〜っ!!

動揺するほど色っぺええええええええ♪♪♪

織田っち、かっこいーーーーーーーー!!!



これはドツボにキターーーーーーーーーーーーーッッッ (>▼<)ノ

 ふがふがふがっ(鼻息)!これはキマしたよ!
 いやいやいやいや、ぐふふふふ。
 燃えてきた。私の眠っていた魂が燃えてきましたよう〜♪

 イイ! 双眼鏡、良いっす!!
 なんか一人の世界に没頭できて、スゴくイイ!


 両手が塞がっちゃって、ちょっとライブのノリからはずれちゃうんですけど
 ステージが遠い方にはオススメです!


曲ラスト、また別世界へ行ってるような織田っち。

7♪う・ね・り

広保しゃん、頭ふりふりしてノッている。
 
 広保しゃん、両肩を前後に、そして頭を上下に降りながらノッてる
 時があるんですが…マネしてみたら、意外と難しかった(笑)



ギター、ばさーーーー!(@メモ)

 また広保しゃんが頭&髪の毛バサーーーーやったんですね。

林部さん、ソロ。

 ああ、とにもかくにもかっちょいい。。。
 私、いままでギターにやられるってことは無かったんですが
 (シャイナギタリスト達だったから?/笑)
 林部さんはツボにくるわぁーーーーー。


広、どうしたーーーーーーー!?
のりのりじゃーーーーーーー!!


 ↑メモまんま。
 広保しゃんのノリっぷりにかなり驚いてます(爆)

 
小松さん、林部さんと目配せしたり

織田っちイスから立ち上がって、林部さんの方へ。
林部さんソロ。
ケニー、すげーーーー!!
小松さん、にこっ(笑顔)。

織田っちギター脱ぎ。(そういえばこの曲は弾いてるんだった)
ギター取りに、舞台袖(左)からスタッフ必死で走るっ!!

 あ、そっか今日はステージが広いから駆け寄るのも
 大変なんだねー!がんばれ!


織田っちと林部さんのアドリブ(?)合戦!!!

うをーーーーーーーーーー!!!(*□*;;)

今日の織田っちは燃えてるぞえーーーーーー!!

ブルースハープ、めちゃめちゃ激しいぞえーー!!!

織田っち、めちゃんこ熱が入ってるけど、
林部さん、余裕でめちゃんこ楽しそーーーーーーー!!(笑)


これまでは、林部さんのギターに乗っかって、織田っちがブルースハープを
吹く感じでしたが、今日は掛け合いみたいな事もやってます。


じゃーん!(ギター)

びゃっ!(ブルースハープ)

ギャーン!(ギター)

びゃっ!(ブルースハープ)

じゃーん!(ギター)

びゃっ!(ブルースハープ)


うおおぉをおをーーーーーーっ!!
激しい激しいっ!!
織田っちブルースハープで唇切っちゃいそう!

演ってる方も燃えてるが、聞いてるコッチも燃えてくるー!!(≧▼≦)/


織田っちステージ中央へ戻り、正面向いて

びょびょびょよよびょぉ〜〜〜〜〜〜♪
  (↑ブルースハープの音)

ンもう、ノリノリのノリノリです!!!

ラスト、上向いてキメ顔。


黄色い歓声!!!


(間)後ろのテーブルで水を飲む。

 オダっち、こっちむいてーーー!(確かこれも男の子の声)

■MC

耳(にいれてるイヤホン?)なおしつつ。
鎖骨の汗、健在・・・ぐふ。
前に出て、座る。

織田「今、続けて聞いてもらった3曲は
   僕らしい曲じゃないかと(会場拍手)
   オシャレで…せくすぃ〜で…ちょっとワイルドで…
   ・・・・何か?(^△^; (会場笑)」

 お決まりのフレーズです。気に入ってんなー(笑)
 誰もツッコまなくても、もうこれで押し通すとキメたんだね。がんばれ!
 今日のは「セクすぃ〜」に進化(?)してました。


織田っちが話している後ろで、ケニーが袖のスタッフに何か合図。

織田「曲を作った当時は背伸びしていた
   いつの間にかちょうどよく…(会場拍手)
   どうもありがとう。
   ここらで徐々に、あった…ま…っていきましょう」

 えー、またあったまってのとこで、ちょいカミしました。
 なぜだ。「あったまって」でなぜ…(笑)



8♪over & over again

ウォウウォウ〜(たぶん前奏で織田っちがうなったと思われ)

そしてそれが何時の事だったかは覚えてないのですが↓


はっ!?



うっ・・・



うごおぉーーーをぉーーーー!!!

ぎょぎょぎょぎょーーーええーーー!!

ふぎゃっふぎゃっ!!!

むきゃあーーーーーーーーあああ!!!

ごろゴロごろゴロごろ!!!

にゃにゃにゃっ!にゃにゃにゃっ!

いいいいいい今の今の!!
今の見たにゃぁっっっ!?!?!?

織田っち、右耳かなぐり捨てたっ!!!


ガツっ!て、ガツっ!て!

かっぽじって、捨てたぁ!!!

イヤホンがぶんっ!て飛んで

(コードは繋がったままなので勢い良くぶら下がった)

カッちょいイイイイイー!

ぎゃああああーーー!織田っちぃいーーー!!

ぐぼうぅーーーーっっ!
私の心臓ワシづかみィーーー!!



 一瞬です。それは一瞬の出来事でした…。

 その一瞬の出来事に心の中で↑こんだけ叫んでいます(爆)
 ぎゃあああああーーーーーー、これは、これは、効いたっす!!(≥■≤)
 いやあああ、きゃあーーーーーーーー!!!
 今も、思い出しただけでドキドキするっしゅぅ〜。
 あそこだけ、何度も何度もDVDでリピートして見たいわぁ。
 いや、他のとこも見たいけど!(笑)
 イヤホンはずすのはよくある事だけど、今日は曲に入り込んだまま
 荒々しく、ガツっ!とかっぽじったんですよう〜。
 なぜイヤホンはずしただけでこんなに興奮するのでしょうか、私。
 と自分でも思うくらい、大興奮してしまいました。 
 
 はぁはぁ、ちょっと叫びすぎて疲れたけど、先へ進みましょう。


織田っち、歌いながら左へ。(黄色い歓声)

織田っち右へ。

小松さん、手あげ(be allrightのとこだと思います)

ケニー!!なんかいつもより合間のドラムの音が多くね!?

ジャジャン。(てどこのことだ?)
小松さん、林部さん、のりのり。
Yeah,Yeah〜で 小松さん、手上げ
林部さん、のりのり〜〜〜〜<2回も書いてるよっぽどノリノリだったのね
広保しゃんも、のり〜〜〜〜!そりかえり〜〜〜!
織田っち、左へ、右へ。

恒例のケニーの台を乗り越えて(Tokyoは広いから乗り越えてないかも)
織田っちが小松しゃんのところへムリヤリ押し掛けコーラスだ!(爆)

おおっ!?今日はまた小松さんが「近い、近い!近いから!」って感じで
ちょい困った様子っす(笑)

ラスト、広保しゃん、右手上げたーーーーーー!(^^)
やっぱ手の上げ方がビミョーでかわいい〜〜〜〜(笑)

ひょーーーーーーー!!(何にひょー!だったんだか不明)


9♪All my treasures

織田っち中央より左寄りの位置でしばらく歌う。
小倉しゃんが、見えないよう〜〜〜。

織田っち、この手を〜♪ で、ゆっくりやさしく腕をのばし、にぎ。
のばした腕のためがいつもよりちょい短いかな?
ゆっくりやったからか?

広保しゃん、色っぺぇーーーーーーーー♪
アップ。(双眼鏡でのぞいてたか?)

広保しゃん、ソロ。
林部さん、ソロ。

織田っち同じく「この手を♪」でぐいーーーーーーと腕をのばし、静止。
にぎ。
All my treasures♪のコーラスが微妙。なんか音はずれてね?

広保しゃん、すげ。<というのはAll my〜のラストか、次のコーナーか?

曲が終わって、織田っち左へ退場。


*♪サポートメンバータイム♪

ドラムとベースのリズムにノって♪

まずは小松さん。
・・・・右手を上げて、会場を見回し、高い所で手をヒラヒラと振る。
ん?何?
今から、オレがソロやりますからって合図?(笑)
…で、やっとソロ。

広保しゃん、他のメンバーのソロが終わると拍手。カワエエ♪

小倉さん、ソロ。
横のキーボード使う。みょんみょん系の音。(仙台もでした)
スクリーンをチラチラみて、映る自分をチェックしながら弾いてるみたい?

スクリーンは札幌、仙台と同じく、細かい大雑把な水玉模様に加工されて
人物の影が分かる程度(T_T)

広保しゃん、ソロ。
頭ふりふり〜〜〜〜!かっこええぞーーーーーっ!!(^▽^)/
 
ケニー、エアドラム(ドラムを激しく叩くマネだけ。音無し)。
…………長っっっ!!
…………って結局、エアドラムだけで終わったーーーー!(爆)
最後は立って手を挙げて歓声を受ける。
面白いけど、ケニーの音も聞きたかったよう〜〜〜(^^;

ん?あれ?林部さんが消失している〜〜〜(笑)
あのね、しゅんごい格好よくて面白くてね、書くの忘れたと思われ。

林部さん、ソロ。
腰を屈めて前のめりに。
ジャカジャカと細かく弾いたと思ったら、ギターを放して両手でパンっ!と
手拍子一回!!エエっ!?(*□*;;;)
じゃかじゃか、パンッ!じゃかじゃか、パンッ!
いえーい、みんなーー!!オレすごいことやってるんだけどーーー!?
ってアピールしながらやってました(爆)
スゲかったっすよー!!林部さーん! (^▽^)b

で、ケニーが終わったところで。。。次の曲へ

再び織田っち登場!!

着替えは2公演と同じく、黒Tシャツに着替えただけ。

10♪愛までもうすぐだから

出だし手拍子がバラバラで(^^;
織田っちが手拍子先導し、なんとか合いました♪
左右に動きながら、会場に手拍子リクエスト。
かわええのう〜。

おっ、さっき萌え燃えだったイヤホンが両耳ともハマってました。

手拍子の先導がやむと、一気に会場が微妙な感じに(笑)
ん?なんかテンポ遅い?

織田っち。I want you で指差し。
間奏で小松さん手拍子。
織田っちブルースハープ、再び登場♪
今度は楽しげに、びゃぁあ〜〜〜〜〜〜〜♪
小松さん、のり。

織田っち「君を悩ませ〜」で片手上げて
「二度と〜」上ゆび●(←@メモ読めない………)

後奏、後ろ向き。水一気飲み!!
上拍手。(織田っちが頭上で拍手した?)
(サンキュー)←この辺↓と同じ事書いたかな?
ありがと
曲ラスト。「せンきゅぅ〜〜〜〜う」

 「せんきゅ〜う」が、勢いでちょっと妙な言い方して、面白かった。


11♪Over the trouble
 
今日は曲が始まるやいなや、タオルを肩にかけました!!
どきどきっ!
 
 っていっても、後ろの方だから飛んではこないんだけどさー。

近くに うた 右

 ちょっと思い出せないわ〜(^^;

「親友に」で振り向き

 …↑かな?メモでは「ふりむき 親友に」と。
 織田っち今日は、こちらに背中を向けて振り向いて歌う。
 って技を何度もやってました。(他の曲でも)


拳ふりあげる(どこでだ?)


2番。左へ行って歌う。
「マシンガン〜」で、上に上げた手の指をひらひら〜っと。
この動作も何度か。

おおー、左側の人、いいなぁーーー。
あれあれ、かがみ込んで歌ってるよーーーー。

ん?あれ?なんか、いづい???(仙台弁、なんか変?的)

あ。織田っちマイクの持ち方がなんだか違う…って…

ワイングラスかーーーーー!!(爆)

 あとからよく考えたら、ワイングラスではなく、
 ブランデーグラスです。
 マイクの丸い部分を手のひらで下からすくい上げる様に持っていました。
 ブランデーグラスを手のひらで包み込んで、グルグルと回すイメージですね。
 (織田っちは回してませんでしたけども)
 いやーーー、心の中で速攻ツッコミましたよ。
 ちょっとだけ、ふっ…と笑いが漏れてしまったかも(^^;
 しかし、超前方でその織田っちの下辺りにいらした織田友さんは、
 そのポーズをあおりでみて、素敵だったと。
 そっかーーー!あのポーズを下から見たら、悩殺もん!?
 マイクを包む手のひら越しに、歌う織田っちの顔なんか見た日にゃあ…!!
 うわーーーーっっっ、想像するだけで、ぐっときますわっ♪
 織田っちに包まれる、マイクになりたいぃっ。
 ぐふっ♪←見てないクセに、お得なヤツ(笑)


「ピンチに〜」腕つきだし
「最悪の〜」しゃがむ
「蜂の巣に」せなか 振り返り

小倉さん、ソロ。

手ぶりもっと(ん?なんだ?over〜で手振りないよなぁ)

織田っち、左。
タオルの準備をし始め・・・・きゃーどきどき

結んで…………

放る!!!

飛んだぁっっっ!!!!!

大きぃーーーーー!
これは大きいっ!!


さぁ、解説のひよさん。これはかなり伸びてきましたね。

そうですね、織田くんも札幌、仙台の遠征で学んだんでしょう。
近い所にばかり落ちましたからねぇ。

ええ、ええ。札幌では大変な事になりました。

あれはいけませんでしたね。
今回はしっっっかりとタオルを結んだようです。
かなり高く上がりましたので、距離も伸びるでしょう。

あっ、伸びてます、伸びます。
まだ落ちない、落ちない………

あああ〜〜〜〜っ!なんとこれは・・・・・

ひよさんの前方数メートルに落ちました!!

か・・・かなり大きかったですね(どきどき)

どうでしたか、今回のスローイングは。

なかなか良かったんじゃないでしょうか。
かなり遠くまで飛ばしてきましたから、ファンは嬉しいでしょう。

こちらに飛んで来たので、ひよさん、かなり驚かれたのでは?

え?いやいや、まさかここまで来るとは思いませんが、
対角線に飛んで来たのでちょっとビツクリはしましたね。

(気持ちはNBAのバスケットボール選手)
彼もかなり鍛錬しているということでしょう。

そうですね。かなりがんばっているようです。
次回のタオル投げが楽しみですね。

そうですね。期待しましょう。

本日の幸運のタオルは誰がゲットしたのでしょうか。
こちらからは見えませんが、おめでとうございます!
さて。この辺でタオル投げの中継を終わらせていただきます。
ひよさん、どうもありがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございました。
(ちょっとしょぼん)



 って、誰と話してんだ!(笑)

 いやーーーーーー、高かった!そして飛んだ!!
 あまりに飛んだので、林部さんがビツクリしているのが笑えました(笑)。
 マジでこちら方向へ飛んで来たんで、ドキドキしちゃいましたが。
 もちろん手を伸ばして届くような位置よりずっと前に落ちましたので
 どーにもこーにも…。
 でも、後ろだからって油断してちゃぁイカンよ!
 という織田しゃんのメッセージですかね。
 どきどきわくわく、楽しませてもらいました。
 ああ、私がマイケルジョーダンだったらなぁ(古い?)

 さあさあ、取れなかったタオルのことは忘れて次へ参りましょう!


(背)振り向き 「おしり」  
  
 「おしり?」と書いてあるような無いような(^^;

 以上、長い長い「over the trouble」でした。



つ・づ・く♪



  


Posted by ひよ at 23:52織田しゃん♪