ひよろぐマップ  カテゴリ別の記事一覧。
*********************
オール仙台ロケ、原作・伊坂幸太郎
映画『ポテチ』
 10/26 DVD & Blu-ray発売!!
*********************
2012年 秋
映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」公開中!


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2013年06月17日

映画「俺はまだ本気出してないだけ」


6月15日(土)公開
映画『俺はまだ本気だしてないだけ』

http://www.oremada.jp/

見て来ました!!
原作漫画を途中まで読んでました。
完結したそうなので、今後続きを読みたいです。

堤さん主役ってことでかな〜りビツクリしたんですが
なかなかのダメ親父っぷりでしたよ。
ただ、どんなに顔やヘアスタイルや服をダメ風にしても
やっぱり堤さんは格好イイということを確信しました(笑)

福田監督とこの原作。
期待した…というか思った程のバカバカしさっぷりはなく
意外と(笑)マトモな印象でした。
シズオ以外のキャラクターが、
個性はあるけどある程度マトモな人が多かったのが
きいたのかなぁ。
鈴子が重りになっていたと思う。
脇役者さんがみんな良かった。

そうそう!
山田孝之が畳に寝転がって頭頂部の方からアップで映されるシーン。
山田孝之、美形!!!
逆さから見たら(笑)、チョー美形でした。
ビツクリした!!

シズオのキャラクターは外見が堤さんということ以外に(笑)
実は自分で自分のダメっぷりを自覚しているとこが
憎めない要素だったな。

「俺はまだ本気だしてないだけ!」と言いながら
本気でそう思っているのが8割、
言いわけだと気付かないふりをしているのが2割…かな。

あちこち堤さんのツボがたくさんあったのですが
もう記憶の彼方。
機会があれば、何度か観賞したいですねぇ。

しかしさ、確かにシズオは器用だよ。
マンガ上手いよ(^^;;;

  


Posted by ひよ at 01:12映画・テレビ

2013年03月28日

マニアクイズ放送

BSでの放送なのですが、宣伝をば。

BSフジ
3/31(日)25:40~26:35 (日曜深夜です)
「究極の1000択~マニアテンションMAXクイズ~」

http://www.fujicreative.co.jp/business/production/tabid/93/Default.aspx

「城」「踊る大捜査線」というジャンルからマニアが選ばれ
それぞれのマニアが100択×10問=1000択のクイズに
賞金とマニアの意地をかけて挑む!というクイズ番組です。
「城」マニア、「踊る」マニアに限らず
なにかについてのマニアなら、共感する部分があるかも。
特にになんのマニアでなくても、
出演する解答者のマニアっぷりに驚いたりあきれたり(笑)して
面白いかも!

実はご縁がありまして「踊る」の問題作成にちょこっと参加いたしました。
どんな番組に仕上がっているのか楽しみです。

BSご覧になれます方、チェックしてみて下さい!
  


Posted by ひよ at 01:51映画・テレビ

2012年12月25日

あんま好きじゃなかった

なんとなく、部分的に知ってはいるけど
結局『レ・ミゼラブル』ってどんな話だっけ?
という好奇心と、
主演のヒュー・ジャックマンが見たくて行って来ました。
あと歌う映画も結構好きなので。

映画『レ・ミゼラブル』
http://www.lesmiserables-movie.jp/

映画の数時間前にファミレスでドリンクバー。
映画の直前にスタバでティーラテ。
上映が長いので、一応コカコーラゼロを
ちびちび飲みながらだったので
3時間弱トイレに立たずにもつかどうか
心配でしたが、なんとか大丈夫でした。

さらに眠くなるかも…という心配も
結果、ツッコミどころの多さと(笑)
ストーリーを知りたい気持ちで
眠くならず、最後まで頑張り通せました。

しかし、場内にはちらほらとすこやかな寝息が
聞こえていましたよ(爆)
わかる。これは趣味に合わないと眠くなる。
映画で眠くなりがちな方、注意かもしれません(^^;

で、ブログタイトルの
「あんま好きじゃなかった」のはストーリーです。
少なくともこの映画を見て感じた物語は
好きじゃなかったです。
ジャン・バルジャンに感情移入できなかった
どころか、逆だったもん(^^;


で、感想です。

以下ネタバレ注意!!
  続きを読む


Posted by ひよ at 03:09映画・テレビ

2012年11月25日

映画のチラシ



フォーラム仙台に
「最強のふたり」「ペンギン夫婦の作りかた」を
ハシゴに来ました!
で、上映予定のチラシげっとん。

「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」
 http://sumasa-movie.com/
 →好きな漫画の実写版。ちょうど予告を見られたんですが
 …うーん、やっぱりイメージと違ってたかな。しょうがないか。

「シェフ」http://chef.gaga.ne.jp/
 →美味しそうな映画でジャン・レノ!
 大雑把なあらすじみたら料理番「オーケストラ!」みたいな。

「みなさんさようなら」
 http://minasan-movie.com/
 →中村監督+濱田岳!見なきゃでしょう!

この3作品は見たいなー。
  


Posted by ひよ at 14:20映画・テレビ

2012年09月23日

映画「ポテチ」DVD&Blu-ray

2011年秋に撮影。
2012年春に公開。
映画を見た方、撮影に参加された方も多いのではないでしょうか。

仙台のそこかしこで撮影された映画「ポテチ」
10/26にDVD&Blu-ray発売だそうです!

待ってましたー!o(^∇^)o
特典映像楽しみ!(笑)


どこで予約(ネットで)しようかな〜と考えていたら
立ち寄ったヤマト屋書店のレジ前にこんな宣伝POPが!



TSUTAYA限定
宮城県限定購入者特典
オリジナルポストカード!!
(数に限りがございます。あらかじめご了承下さいね〜)
だそうです。
おそらく店頭購入者用の特典と思われます。
(念のため店頭でご確認ください)

他のネットショップよりお値段が高いのが難点ですが…
ちょっと悩むなあ。

他の地元のお店ではこういうの無いのかしら。
CDショップとか気をつけてみよう。
  


Posted by ひよ at 14:27映画・テレビ

2012年09月18日

「鍵泥棒」感想

9/15公開の
映画「鍵泥棒のメソッド」http://kagidoro.com/
見て来ました。

まず主演が堺さんとういうので見たい。
共演が香川さんだというので見たい。
「売れない役者と記憶をなくした殺し屋が入れ替わる」
というのが面白そうで見たい。
予告も面白かったので見たい。
というワケで見に行きました。

チョーーー雑な感想は「面白かった」です(笑)

あ、そうそう!
にぇこ(猫)かわゅい(かわゆい)ー!!(*´▽`*)
めっちゃカワエエ猫です!!!
合計で30秒も映ってないと思いますけど(爆)

車の盗難防止アラームの「キュイーキュイー」が良かったなぁ。
とっつぁんの「奴はとんでもないものを盗んで行きました」を
おもいだしたですwww

以下、感想イロイロ。
ネタバレはしない方向ですが
!!!見る前に情報を入れたくない方はご注意を!!!


  続きを読む


Posted by ひよ at 01:35映画・テレビ

2012年06月11日

いっぱいあるよ

先週は、スカパーHDチューナー導入。
で。
昨日、新しいブルーレイレコーダーを購入!

ということで、TV周りのリモコンがいっぱーい(´▽`*)
(スカパーチューナーは以前の物と取り替えたので
 増えたリモコンは新BDレコの一個ですが)



じゃなかった、から、
・新BDレコーダー(スカパー録画用)
・スカパーHDチューナー
・テレビ
・BDレコーダー(地上波録画用)
・DVDレコーダー(旧スカパー録画用)

以上、現在使用中の5個。

他に。
現在は使用休止中のDVDレコ、ビデオプレーヤー
たまにしか使わないCDコンポのリモコンは
3個あります(笑)

どれがどれやら、リモコンの取り間違いをして
「あれ?動かない?」とかやってたり(^_^;

あと、さっき気づいたのが、旧DVDレコと、新BDレコが
同じ東芝なので、旧のリモコンで新が動いてしまう〜。
最初、動作不良かと思ってビクビクしたよ…(´Д`)。
設定変えないと。  


Posted by ひよ at 17:40映画・テレビ

2012年05月21日

感謝された



いつもの月刊誌以外にも、スカパーからお知らせが
届いていたので、なんだろにゃと開けてみると
スカパーHDのチューナーを無料交換してくれるっとぅえ!!
(または録画機能付きチューナーを格安で)
なんというタイミング〜〜〜〜〜!(ノ^∇^)ノ
今までHDにせずに頑張って来たかいがあった!(笑)

これは急いでレコーダーの方を検討しないと!
なかなか電器店に行けないので実機&価格の下見が
できないのだった(^^;
  


Posted by ひよ at 20:02映画・テレビ

2012年04月28日

GW『ポテチ』舞台挨拶

現在、仙台近郊で先行公開中。

映画「ポテチ」大ヒット御礼舞台挨拶が決定!
登壇者は濱田岳くん(予定)
5月3日(木・祝) MOVIX仙台 16:20の回
5月5日(金・祝)フォーラム仙台 9:40の回

詳細はコチラ↓
http://ameblo.jp/potechi-movie/entry-11234817261.html

ゴールデンウィークに映画でも。。。と考えてるみなさま
この機会に、仙台で撮影された映画を仙台でご覧になってみては?
68分とコンパクトに仕上がっていますが、いい映画ですよ(^^)

映画「ポテチ」公式サイト
http://www.potechi-movie.jp/



(新規記事に反映されてなかったので再投稿)  


Posted by ひよ at 09:29映画・テレビ

2012年04月07日

映画「ポテチ」舞台挨拶@109CINEMAS富谷

4月7日(土)
映画「ポテチ」仙台先行公開!

http://potechi-movie.jp/
(全国公開は5/12ですよ!)

ということで。
その初日に、中村監督、濱田岳くん、木村文乃ちゃんの
3人が、仙台近郊の映画館5館を舞台挨拶で回りました。
一日で5館っていうのは、かなり冒険ですね。
本編が68分と短いだけに、どこかでつっかえると
後のスケジュールに響きやすい。
無事に終えられて良かったです(^^)。
さらに全館満員御礼だったそうで。嬉しいです♪

そのうちの109CINEMAS富谷の舞台挨拶に行って来ましたので
つたないながら、そのレポを。
話を聞きながら高速で書きとったメモと
(当然ながら、字は激烈に汚く自力でも判別困難w)
私の記憶が頼りの内容です。
だいたい、こういう話をした。ということで、
メモと記憶をたよりながら、読めるような文章に
しあげています。
一言一句この通りということでは
ありませんので、ご了承ください。

それから、上映後の舞台挨拶だったため、
トークの内容でネタバレとはいかずとも
映画を見る前には遠慮してもらった方が良いと思う部分は
「ネタバレトーク」として、下の方に別記しました。
ご覧になりたく無い方は、ご注意を。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

司会者=司
濱田岳=岳
木村文乃=文
中村監督=監

上映終了後、司会の女性が登場。
岳くん、文乃ちゃん、監督を呼び込む。
一人だしトイレに行きやすいと思って、
通路側の席を取っていたら
すぐ脇の通路を通って3人が登場。ラッキー(^^)。

まずは3人の挨拶。

岳くん、初日の満員御礼をのべつつ

岳「…あれは…VIP席?」
(109のエグゼクティブシートを指して)
会場「(笑)」

文乃ちゃん、同じくお礼をのべつつ
文「(舞台挨拶の間の)短い時間ですがよろしくお願いします」

監「中村親分を演じました、中村です」
会場「(笑)」
監「アヒルと鴨が5年くらい前だったかな…
 岳はいなかったけども、その時も結構あちこちの映画館を
 まわりまして。10館くらいだったかな。
 全然(席が)埋まらなかったんです。
 よくて7割程度。」
だから今日のたくさんのお客さんに感謝…という流れで。

司「8日間という短い撮影のエピソードを」
岳「……」
文「……」
監「……え、ボクですか?」
会場「(笑)」

監「とにかく、最後の三日間の野球場の撮影に
 全てをつぎこんで」
司「エキストラの方が500名くらいだったとか」
監「そうですね。3日間やっていてだんだん人数が増えて
 最後の日が一番多かったです。」

岳「ネタバレ部(1)」

司「木村さんは、仙台のロケは初めてだったそうで」
文「はい。仙台ロケは初めてで。
 撮影で、初めて仙台に来ました。
 街が広くて、緑が・・・」
と話している間に
監督と岳くんが「道、道」と横やりを

文「あ、道が広くて(^^;
 街がゆったりしているなと。
 あと、人があったかいです。
 撮影中に何の撮影をしているのかと聞かれて
 "中村監督の〜"と答えたら
 "ああ、中村組の。頑張って下さい!"
 って言ってくれて。
 東京ではそういう風に言われた事がなかったので
 あったかいなあって。
 野球場では、(サポートメンバーが)画用紙に"本番です"とか
 "もうすぐです"とか書いて、
 (エキストラと)お互い励ましあってて」

司「仙台でなにか美味しい物は?」
文「初日に牛タンを食べに連れてってもらいました。
 それから、萩の月が大好きで(*^_^ゞ。
 来る度に買って帰ります。
 荷物になるので、あまり買わない様にと思うんですけど
 あともうちょっと、もうちょっとだけ…と
 いつもたくさんになってしまいます。」

司「濱田さんは、仙台で思い出深い場所などは」
岳「アヒ鴨の仙台駅の…どっち口?」
と監督に訪ねる。
監督、手を使って、あっち側とこっち側だから…とか考え…

監「西、西口」
岳「西口のコインロッカー…」
監「(考え直して)南口。南口」
岳「…南口のコインロッカーは思い出があって
 仙台駅にくると、気になっちゃいます」

メモ(地元撮影場所)と書いてあるが詳細失念(^^;

司「監督、さっきポテチが服についてましたが今は大丈夫ですか?」
監「ああ、控え室にポテチがあって。
 気を使って出して下さったんですね。」
司「一人一袋ありましたね」
監「せっかくなので、ひと口食べようと思ったら、
 止まらなくなってしまいました(^^;」
岳くん、文乃ちゃん(笑)。
司「何味でしたか?」
岳「…?」
文「…?」
監「…うすしおでした」
岳くんと文乃ちゃんは食べなかったのかな。

司「そのポテチといえば、劇中のポテチの袋にも…」
岳「ポテチの袋のあのパッケージだと●イケヤっぽいけど
 実はイサカヤって書いてあったり、
 キャラもほんのり違っていたり、
 美術さんの遊び心が入ってます。
 そういう、遊び心があちこちにちりばめられているので
 一度だけじゃなく…2度…?…3度?4度?」
会場「(笑)」
岳「もっともっと見て、確認してもらいたいです」

司「重要なポイントというと」
岳「うーん(短いし)どれも重要っちゃ重要なんですけど」
会場「(笑)」
岳「若葉が飛び降りるビルの下で待ってる中村親分の後ろの
 通行人が有名女優さんだったりするので」
会場「ええー」と驚き。
岳「1度、2度?3度?見てもらえたらと思います」

司「監督、その女優さんはエンドロールには?」
監「出ていません。
 なんだか宣伝(か制作だったか?)の方から名前は出しちゃ
 ダメと言われてまして…。
 あのー、20世紀FOXの"はやぶさ"キャンペーンで(仙台に)来てて」
会場「(笑)」
監「で、その日、うち初日なんだけどという話をして」
司「で、そのまま通行人で出られたとw」

ここでメモ「口コミで」とありますが、詳細失念。
そういう隠れた部分の面白さも口コミで広げてもらえたら
って話だったかな???


司「8日間という短い期間で、暑い真夏の撮影となりましたが
 大変だったのでは?」

監「仙台の人も、めずらしいって言ってましたね。
 2年くらい前、一昨年だかの夏に似てるって。
 湿気がすごいと。」

司「木村さんは女性ですし、特に大変だったのでは?」
文「いえ、私はそんなには。
 それよりも、スタッフさんが、とどまる事無く動いていて
 暑そうで大変だなぁと思ってました」

司「今村と若葉が住んでいる部屋は」
監「普通に住んでらっしゃる方いて、女性でしたけども
 その部屋をお借りして撮影しました。
 とにかく、すべてを野球場にかけていたので
 空き部屋を借りて、最初から飾り付けるなら
 その予算を野球場のメガホンや、横断幕に回そうという。
 部屋での撮影は、録音がエアコンの音がNGてことで
 エアコンもすぐ起動しないので、つけたり消したりせず
 ずっと止めたまま撮影して暑かった。
 Tシャツ、5枚変えました。
 △のシーンは、5テイク撮って5テイク目が
 一番良かったのに、岳のここ(首すじ)に
 玉汗があって使えませんでした。」
岳「(^^;」

監「(客席に)原作読んでる方、いますか?」
客席で、結構バラバラと手があがる。
監「あ、結構いらっしゃいますね。
 アヒ鴨の時は、いなかったんですよ。
 会場に1〜2人くらいで。
 ポテチは原作が好きで、(映画化は)自分がやりたいと言っていて
 プロデューサーに、あまり(原作に)足したり引いたりせずに
 作りたいって話しました。
 それで、誰が決めた時間でもなく68分になりました。
 あ。ネタバレトーク(2)。」
会場「(笑)」
監「これまでの僕と伊坂さんの作品よりも
 ポテチは、原作そのままになっていると思います。
 原作を読んでいない方は、
 原作を読んで。
 また見ていただいて。
 …また読んで。
 ……また見ていただいてw。」
会場「(笑)」

司「岳さんなにか」

岳「前に、別の作品の取材の時だったかに話したんですけど
 監督と一緒にコメディをやりたいねって言ってたんです。
 (中村親分とのシーンは)コメディっていうコメディでは
 ないですけど、あのシーンは夢が叶いました。
 お勧めってことでもないですけど、好きなシーンです。」
岳「監督は一生懸命がんばったので、
 温かい目で見て下さい(笑)」
監「(^^;」
会場「(笑)」
岳「でも上手でしたよ。
 あんな風にやられちゃうと、普段から役者やってる人と
 キャッチボールできたみたいで。
 僕も余裕でいられないなと。」

メモに
「どうですか?」
「よかったですね」
とあるんだけど、誰とだれの会話だったのか失念(^^;。

岳「スタッフとか関係者でみる初号(試写)をみて
 終わった後、監督の最初の一言が
 "オレ、どうだった?できてた?"
 だったんですよ。
 "ええーーーーー!?Σ(゚д゚;) "って(笑)」
会場「(笑)」

司「最後にみなさんから」

監「気に入っていただけたら、
 周りの人にも勧めてもらいたいです」

文「たくさんの色んな方の愛情に支えられてできた映画。
 それが作品から伝わると思います。
 大切な人や、最近、気持ちが伝わってないかも…って
 思う人と、一緒に見てもらえたら、気持ちが伝わるんじゃ
 ないかと思います」

メモ
「1、2、3、4、5、6回」見て下さい的な。

あれ、岳くんのコメントメモが…どれかな。
「6回」が岳くんかな?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後がしまらなくてスミマセン(^^;。

監督と岳くんは、いつもどおり、いちゃいちゃ…いや
じゃれ合いながら、楽しげでした。
監督がスーツ姿で登場したのにはビックリ(爆)
木村文乃ちゃんが、かなりしっかりと、良い受け答えをしていて
賢い娘さんだなぁと感心してしまいました。
これから注目の女優さんです。がんばって!!

忙しい中、監督、岳くん、文乃ちゃん、スタッフのみなさん
仙台に舞台挨拶に来てくれてありがとうございました!
楽しかったです。

また仙台でお祭り(笑)があることを願っています。
待ってまーーーーーす!


ネタバレトークーーーーーーーーーー

ネタバレ部(1)
岳「最後のシーンは、ああなるとは台本に書いてなくて
 それまでの今村だと
 "やったー、やったー!\(^O^)/"と喜んで
 終わったかもしれないんですけど、
 外野に一人で立って、皆を見ていたらなにかこみあげてきて
 気づいたら、ぐちゃぐちゃの顔になってました。
 あの顔は、みんながいてくれたからだと思います。」
あのシーンを撮影しているとき、球場の観客席には
エキストラの方々がずらっと座っていたのでした。

ネタバレ部(2)
監督「最後のシーンだけは書き足しましたけどもw」

  


Posted by ひよ at 22:57映画・テレビ

2012年04月03日

4/7「ポテチ」仙台舞台挨拶


仙台で昨年の秋に撮影された映画
「ポテチ」 http://potechi-movie.jp/
をご存知でしょうか。
 原作:伊坂幸太郎
 監督:中村義洋
 主演:濱田岳

通常の映画撮影ならあり得ない早さで
仙台の街を駆け抜けながら撮影していきました。
(実質の撮影は8日だったかな?
 仙台での準備期間を入れても2〜3週間といった所)

その「ポテチ」が宮城県内で(上映館の詳細はHPにて)
4月7日(土)から先行上映されます。

その仙台初日4月7日(土)に舞台挨拶が行われます!!
詳しくは↓の「ポテチ」公式ブログにて
http://ameblo.jp/potechi-movie/entry-11201237705.html

現時点では、まだ席が残っている映画館があります。
興味のあるかた、調べてみてはいかがでしょうか(^∇^)ノ
(MOVIX仙台、利府、109cinemas富谷、フォーラム仙台では
 一般1300円。他は料金未確認)
  


Posted by ひよ at 01:19映画・テレビ

2012年02月29日

映画「キツツキと雨」観賞

作品を知ったときから気にはなっていたんですが
映画館まで足を運ぶのを面倒がっていた(^^;)

映画『キツツキと雨』
(仙台ではチネ・ラヴィータで上映中)

ネットでよさげな評判を見たのと、
監督が『南極料理人』の方だというので
思い切って行って来ました。
『南極料理人』好きなんです〜face02

さて、主演が小栗旬と役所広司で、
映画監督とキコリの2人の話。
(キコリといっても絵本や童話イメージではなく林業しているオジサン)
という程度しか、知らずに見ました(^_^ゞ
あ、あと「ゾンビ」というキーワードと(笑)。

全編、山の中の片田舎(と言っては失礼か)で
繰り広げられる…てほど大げさでもない…ゆっくりとまったりと
進んで行く、映画の撮影隊と地元の人(達)のストーリー。
山の中の風景も人もなんていうか…
私からしたら、なじみのある田舎の雰囲気でとても見やすい。
つーか、違和感無いっつーか、
「そうそう」っつーか、
だから、「山の中」だから特殊な場所と思えず
ふつーーーーに身近に感じてしまった。

食事のシーンでは「これだ、南極料理人だ」と。
なんなんでしょうね。
ごはん食べてるだけなのに、あの他の作品とはどっか違う
空気を感じるのは。
私が食いしん坊だからですかそうですか。

そして、予想外だったのが、映画(ゾンビエイガ)の撮影が
かなーーーりメインに描かれていること。
軸はその一本の映画を通して若い映画監督(小栗旬)と
キコリ(役所広司)が出会い変化して行くことなんですが。

撮影に関わっていくうち変化するキコリが面白すぎる!!!!
もう共感どころの話じゃない。
キコリはワタシ!
と、途中からもう可笑しくてオカシくて…face03
あの、浮き足立った感じ。わかるわかる!!!
体がモゾモゾするほどおかしい。

ドラマや映画のエキストラをしことのある人なら
いやなにこれ、どっかで見たような。。。と思うのでは。

撮影風景にいたっては、
いやなにこれ、アレ?ちょっと…デジャヴ?
と、VSやサポメン(分かる人だけわかって)は思うに違いない(爆)

そして地域に根ざした人々の機動力。
いわゆる田舎のオッチャン、オバチャンら。
いくら田舎に住んでても、ただ住んでいるだけでは
山の中を案内して川を見つけてあげたり
「・・・呼ぶ?」
なんて芸当、なかなか出来るもんじゃありません。
炊き出しとか、小学校からテントを借りるとか
なかなかできませんよ、フツーは!
少なくとも、少々田舎に住んでいる私には
出来る芸当じゃありません!
てまぁ、映画の中の話なんですが、
それが身にしみてよく理解できるw。

実際、地元の人達も協力したんだろうなと思いながらみていると
フィクションなんだか、ドキュメンタリーなんだか
分からなくなってくる(笑)

映画本来の楽しみ方とは違いますが
そんな「あるある」な楽しみが、この作品にはいっぱいです!

仙台…に限らず、エキストラやお手伝いをしたことがある人には
お薦めしたい映画です。
変な楽しみ方してスミマセン(^^;

いやー、1人で行ったのを後悔するくらい面白かった!
お友達と一緒に爆笑したかった!!

最後に、小栗旬の黒目とながーーーーーーーい足が印象的でした。
出番は少なかったけど、高良健吾も良かったです。
テロリスト@SPがキコリに転職していたのが笑えました。
…あ、もしかしたらdocomoのお兄ちゃんはキコリだったのかな?w
  


Posted by ひよ at 01:01映画・テレビ